A-style株式会社

田辺市でマイホーム、新築一戸建て、リノベーション、リフォームをお考えならA-style株式会社へ/土用の丑の日

CONTACT OFFICIAL

田辺市でマイホーム、新築一戸建て、リノベーション、リフォームをお考えならA-style株式会社へ/土用の丑の日

田辺市でマイホーム、新築一戸建て、リノベーション、リフォームをお考えならA-style株式会社へ/土用の丑の日

2022/07/23

本日23日は土用の丑の日ですね!

みなさんはウナギを食べられるご予定ですか??

和歌山県田辺市の地元新聞や折り込みチラシにはウナギの記事がたくさんあり、食べずにはいられないですね!

高級なウナギですが、家族で分け合って食べようかと思っています。

鰻丼といえば、汁物は何でしょう?鰻の肝吸いですか?チラシ情報では、しじみ汁も宣伝されていますよ!!悩みますね(^^;;笑

 

土用とは、季節の変わり目で、体調を崩しやすい時期でもある。 特に夏の土用は夏バテになりやすいので、精のつくものを食べた方が良い。ということで、ウナギになったそうですね。。。

梅干でも良いらしいです。

昔よく鰻と梅干は絶対に食べてはいけない!お腹が痛くなるから。って聞きませんでした?笑

最近の調べでは良い組み合わせなんだとか?❤︎

実は小学生の時に、恐る恐る鰻と梅干を食べてみましたが、特に腹痛は無かったです。笑

どうでも良いですね!笑

 

さて、少し真面目な話になりますが、土用とは「立春・立夏・立秋・立冬」の前18日間のことで、その期間中の丑の日を「土用の丑の日」と呼ぶそうです。そして実は、土用の丑の日は春夏秋冬それぞれにあるみたいです。うなぎを食べる風習が根付いている土用の丑の日は夏のみで、 一般的には夏の土用の丑の日のことを、「土用の丑の日」と言うことが多いみたいです。

「土用」は鰻の話だけではなく、建築現場でも重要視される場合があります。

土用に土いじり、新しいこと、地鎮祭、増改築、引っ越し等をすると良くないという説があります。

土公神(どくじん・どこうじん・土の神様)が嫌がって怒ったり祟りを起こすからだそうです。

土公神は、時期によっていろいろな場所にいらっしゃるようですが、土用は土の中にいらっしゃるそうです。

土公神が静かにゆっくりしていたいのに土をいじられると怒ると考えられているみたいですね。

ただし、土用に入る前に作業を始め、土用中も作業を続けることについては問題ないとされています。

この土用の期間、ずっと土いじりなどができないと仕事や生活に支障がでます。間日(まび)といわれる日には、土公神が土の中から出て天上界へ行っているので、土いじりなどをしても大丈夫だと考えられています。

若者世代には、少し難しい風習ですね。

最近では、新築をされる施主様の中には、風習に囚われすぎずに工事を進めて下さいとおっしゃっていただける方も多くいらっしゃいます。

反面、きっちりと風習を守られる方もいらっしゃいます。

 

お盆の月の新築の上棟も色々なご意見がございます。

 

考え方は人それぞれですが、情報をお伝えする事は大切だと思っていますので、A-style株式会社はお客様と色々なお話をさせていただいています。

 

 

 

 

ブログをご覧いただきありがとうございました。

A-style株式会社は、地域に根ざした技術力の高い、住宅施工サービスとして、地元の皆様からご認知いただけるよう「スタイリッシュなデザイン性」と「住み心地の良い設計」の両方にしっかりこだわりながら、お客様のご意向に添った理想のお住まいをご提案してまいります。

和歌山県田辺市に事務所を置きながら、御坊市・印南町・みなべ町・上富田町・白浜町・すさみ町まで、地元田辺市近隣エリアの注文住宅のニーズに広く対応しています。
また、新築戸建てのご相談だけでなく、併せてリフォーム・リノベーション・耐震工事・大工工事全般のご相談にもフレキシブルに対応しており、コストパフォーマンスの良い、リーズナブルな施工プランを考案して、ご提案してまいります。

みなさまどうぞよろしくお願いいたします。


和歌山県田辺市、御坊市・印南町・みなべ町・上富田町・白浜町・すさみ町で新築注文住宅・戸建てリフォーム、リノベーションをお考えの方は

\ 和歌山県田辺市の工務店【A-style株式会社】へ/

お気軽にお問い合わせください。

 

★A-style株式会社のInstagram★

https://www.instagram.com/astyle2017

最新情報を随時更新中です!! 是非ご覧ください♪

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。